トップ

アルコールと不妊

不妊と女性とアルコール

アルコール摂取が卵子の質を低下

お酒を楽しむのが趣味という方は多いですが、実はお酒は「飲みすぎると不妊の原因になる」と言われています。
とはいえ、妊活中にお酒を楽しむことが妊娠率とどう関係しているのかは、まだはっきりとした結果があるわけではありません。影響があるという研究者もいれば、ないという人もいます。ですが、「大量に飲むよりは、控えたほうがいい」というのは無視できない意見です。

アルコールの過剰摂取は、妊娠能力を低下させると言われています。それ以外にも、月経不順や排卵障害の原因になるとも言われています。
摂取したアルコールを分解するため、人間の体内には活性酸素が発生します。この活性酸素は、過剰に分泌されると健康な細胞を攻撃することで酸化させます。そして、その酸化ストレスが卵子の質を低下させると言われています。

不妊症のお悩みの方はこちら

とはいえ、活性酸素が発生する理由はアルコールに限定されませんので、その点には注意して下さい。

ちなみに、毎日お酒を飲んでいる女性は、お酒をまったく飲まない女性と比べると流産率が高くなると言われています。
また、男性も過度の飲酒を続けていると、正常な精子が作られにくくなったり、勃起能力が低くなったりすることがあるそうです。

「でも、そんなことを言われても急にお酒をやめられない!」という方もいるかもしれませんね。
研究者のなかには、活性酸素を抑制してくれる働きを持つポリフェノールが入った赤ワインであれば飲んでもいいという人もいます。ただし、グラスに1杯程度に留めておくべきでしょう。でも、できるなら我慢したほうがいい、という意見のほうが多く見受けられます。

なお、もうひとつ気を付けるべきなのは薬の服用です。お酒とアルコールを一緒に摂取すると、体調を崩してしまう可能性があります。注意して下さい。